多色可選 2017秋冬 カナダグース Canada Goose ダウンジャケット

カナダグースコピーより、タッグを組んだ、アイテムが2018年9月20日(木)から一部モンクレールブティックと主要セレクトショップにて発売される。

シモーネ ロシャが提案するのは視覚的な美しさと機能性を兼ね備えたアイテム。シモーネ ロシャのシグネチャーカラーである、レッドやピンク、アイボリー、ブラックといった色彩に、パールの装飾を施した、ダウンコートやドレスを展開する。

また、フローラルビジューの装飾、刺繍、独創的なフリルやフローラルモチーフを織り込んだクロッケファブリックがアイテムをロマンティックに演出。パール、ビーズ、フローラルビジューといったきらびやかな装飾は、岩溝に生息する花々と枝葉のように、明るい華やかさをウェアにもたらしている。さらに、ニットやジャージーには、繊細なフローラルモチーフのマクラメレースを施し、可憐な印象に仕上げている。

ウェアの他にも、バッグ、シューズ、アクセサリーも登場。タン部分にフェイクファー、トゥ部分にフラワーをあしらったハイキングブーツはボリューム感とエレガントさを併せ持った1足。ハイキングハーネスのイメージと、ヴィクトリア時代のイメージ、2つの要素を掛け合わせたバッグは、アクティブな感覚とクラシカルな上品さを体現している。

ヴィンテージ素材とのハーモニー、モンクレール コピーグレッグ・ローレンとコラボ

モンクレール コピーは2017年秋冬コレクションにて、アメリカを拠点に活動するデザイナーでありアーティストのグレッグ・ローレン(Greg Lauren)とのコラボレーション「コライド – グレッグ・ローレン × モンクレール」を発表した。今秋一部の直営店および百貨店、ECサイトで発売予定。

グレッグ・ローレンは、「ポロ(Polo)」創業者のラルフ・ローレン(Ralph Lauren)の甥。名門プリンストンカレッジでアートを学び、後にファッションデザインを専攻。画家であり、同時に彫刻家でもある彼は、自身の芸術活動の中で“ヴィンテージ”という特定のテーマをもとに、ファッションにおける創作活動を行ってきた。

同コレクションで登場するのは、約200ピースのメンズとウィメンズ、そしてユニセックスの限定ウェア。彼が得意とするヴィンテージ素材の再構築を、モンクレール ダウンジャケット コピーと掛け合わせた。ダウンとデニムやミリタリージャケットを縫い合わせたり、古着の断片を縫い付けるなどのアレンジを施し、全てデザインが異なるオリジナルアイテムとなる。クラシックな赤と青のツートーン、ブラック、ミリタリーグリーンの3色のカラーを中心に展開される。

一見全く別の世界観を持つ両ブランドが生み出す、ユニークなハーモニー。いままでにない斬新なモンクレール コピー 通販のアウターが待ち遠しい!

FROM:http://www.afpbb.com/articles/modepress/3120921

ミュベール 2019年春夏コレクション – “ゼツメツキグシュ”の動物たちとハッピーに生きる

ミュベール(MUVEIL)の2019年春夏コレクションが発表された。テーマは「LA LA RAIBOW LAND」。

“絶滅危惧種”の動物たちが主役

今季の主役は、サバンナの草原や凍てつく雪原、広大な海や湖で暮らす”生き物”たち、そして大地に根付く”草花”たち。ありとあらゆるピースに、プリントや刺繍でプレイフルにあしらわれたこれらの動植物…実は絶滅の危機に瀕している。

今シーズンのクリエーションに取り掛かる上で、デザイナー中山路子の目に留まったのは、いくつかの写真集。『PHOTO ARK・動物の箱舟』や『ENDANGERRED・絶滅の危機にさらされた生き物たち』に収められている、美しく、頼もしく、個性的な”絶滅危惧種”の生物たちに、強く惹かれた。

“ゼツメツキグシュ”という悲しい響きとは裏腹に、愛らしい表情を見せる生物たち。深刻な問題であるのは間違いないけれど、もっと楽しくハッピーに、絶滅の危機に瀕している生物たちと人間たちとが共存できる方法を考えていきたい。今シーズンのピースには、デザイナー中山の、そんなポジティブな思いが込められている。

プリントや刺繍で動植物をプレイフルに表現

トップスには、キツネザルの仲間コクレルシファカやホッキョクグマといった動物たちが、楽し気に暮らす姿をプリント。彼らはみんな人間のような仕草をしていて、そこには人間も動植物も”みんな同じ”という中山の考えが見て取れる。色とりどりのビーズやスパンコールなどを複雑に刺繍することで、立体的かつ表情豊かに仕上げた。

グレンチェックのパンツやジャケット、ワンピースには、ビーズで形作ったエビやバッタを散りばめて。シースルーのジャケットには、サンゴの1種フロリダパーフォレイドグラドニアの装飾を施した。

自然界がもたらすカラー

ピースを彩るのは、大地を彷彿とさせるブラウンや、動物や草花のカラフルな色彩、氷のホワイトなど、自然界からインスピレーションを得たカラー。コレクション全体を俯瞰して見ると、これらの色が複雑に重なり合い、様々な生き物が命を育む地球を表現しているかのように感じられた。

from https://www.fashion-press.net/news/43841

ヨウジヤマモト プリュス ノアール、シシド・カフカの新アルバムとのコラボTシャツ販売


Tシャツ デザイン

ヨウジヤマモト プリュス ノアール(YOHJI YAMAMOTO +NOIR) 2018-19年秋冬コレクション「Yohji Yamamoto la vie en noir」と、シシド・カフカのニューアルバム『DOUBLE TONE』がコラボレーション。限定Tシャツと2CDのセットを、2018年7月25日(水)より数量限定で発売する。

同シーズンのカタログモデルに起用されたシシド・カフカ。コラボレーションTシャツは、彼女の『DOUBLE TONE』のジャケットをモノクロームで再現した。

モザイクのペイントを手に施したシシド・カフカの姿を映したスタイリッシュでクールな世界観を持つデザインだ。シシド・カフカの唇だけが赤くプリントされて浮かび上がり、センシュアルな雰囲気を醸し出している。

from https://www.fashion-press.net/news/41350

ヨウジヤマモトGround Y×SCANDAL、コーチジャケットやパーカーなどコラボアイテム発売

ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)が展開する「Ground Y(グラウンド ワイ)」と、ガールズバンド「SCANDAL」によるコラボレーションコレクションが、2018年10月28日(日)にラフォーレ原宿で先行発売される。

アニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ、特撮ヒーロー「仮面ライダー」に続く、2018-19年シーズン第3弾となるコラボレーションの相手は、結成12年目を迎えたガールズバンド「SCANDAL」。

2017年の「Ground Y」ブランド再デビューに伴って撮影されたキービジュアルのモデルとして「SCANDAL」メンバーが参加して以来、ステージ衣装を提供するなど交流を深めてきた両者。今回のコラボレーションでは、「Ground Y」の“Y”と「SCANDAL」の“S”のアルファベットにフィーチャーした共同デザインによるスペシャルロゴを、全4アイテムのデザインに採用している。

 
コーチジャケット 50,000円+税

襟裏にロゴをあしらった注目アイテムのコーチジャケットは、ウエストのドローコードでシルエットを変化させる事が出来るほか、裏地部分をファスナーで開閉する事により2WAYで着用出来る拘りの一着。カラーもピンク、グリーン、ネイビー、ブラックと豊富な4色が用意されている。

そのほか、デイリーで気軽に着用出来るパーカー、グラフィックカットソー、コラボレーション限定のオリジナルロゴをグラフィックプリントで表現したトートバッグがユニセックスで展開される。

 
左)パーカー 16,000円+税
右)グラフィックカットソー 8,000円+税、トートバッグ 3,000円+税

また、2018年10月28日(日)には、コラボレーションを記念した「SCANDAL」メンバー4名によるトークショーをラフォーレ原宿で開催。参加条件を満たした70名には、メンバー4名より本イベントの為だけに製作された特別アイテムがプレゼントされる。

from https://www.fashion-press.net/news/43813

キャンディストリッパー×パフィーの大貫亜美「ロンパース」、結成15周年Tシャツやバッグなど

キャンディストリッパー(Candy Stripper)のデザイナーと、パフィー(PUFFY)大貫亜美によるユニット「ロンパース(ROMPUS)」より、結成15周年を記念したスペシャルコレクションが登場。2018年6月15日(金)より、キャンディストリッパー直営店全店にて発売される。なお、オフィシャルオンラインストアでは、6月1日(金)より先行予約開始となる。

2002年に結成以来、大貫亜美のセンスを散りばめたジェンダーレスなアイテムを不定期でリリースしてきた「ロンパース」。今回のスペシャルコレクションでは、グラフィックデザイナーのDaisuke Hongolianによるイラストが施されたTシャツ、ロンT、トートバッグなど全7種類のアイテムがラインナップする。


ROMPUSのOCTOPUS TEE 5,800円+税

「ROMPUSのOCTOPUS TEE」は、「ウサギとネコの他にタコも好き」という大貫亜美の意見のもと、デザインされたTシャツ。タコの足で“ROMPUS”の文字を模ったイラストは、左胸とバックに大きく配されている。


ROMPUSのBURP トート 4,000円+税

その他にも、大貫亜美の好きなウサギがデザインされたロンTや、フリーハンドのタッチで描かれたトートバッグなど、遊び心の詰まったアイテムが揃う。

from https://www.fashion-press.net/news/40168

秋冬セーターのレディースコーデ – ざっくりニット&ゆるニットの着こなしを人気ブランドから紹介

また、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)からも袖にファスナーを施したニットが登場。コンパクトな丈に設定することで、袖のボリューム感とバランスを取り上品なシルエットに。レースアップのミニスカートにセンタージップのショートブーツを組み合わせ、きりっとした印象の着こなしを見せた。

〈エズミ〉

袖に施されたデザインディテールは、エズミ(EZUMi)のニットにも見られた。肩にあしらわれたボタンを開けることによって、自在に変形させながら着用することができ、アシンメトリーなスカートとも連動。偶然性を伴う、非対称な造形のアイテムを上下組み合わせることで、エレガントな雰囲気にモード感をプラスしている。

from https://www.fashion-press.net/news/42603/3

イッセイ ミヤケ メンの新作リバーシブルジャケット、阪急メンズ大阪では18秋冬新作が揃う限定ストア

イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)は、2018年秋冬コレクションより新作のリバーシブルジャケットを2018年10月1日(月)より発売。また、阪急メンズ大阪 1F イベントスペースでは、同アイテム含む新作を取り揃える限定ストアを2018年10月3日(水)から9日(火)までオープンする。

ジャケット 120,000円+税、パンツ 90,000円+税
ジャケット 120,000円+税、パンツ 90,000円+税

洗練された装いを叶えるイッセイ ミヤケ メンの2018年秋冬シーズン

「In the Whirlwind of Urban Life -都市生活の渦の中で-」をテーマとし、都市生活の中の多種多様なものから着想を得た2018年秋冬コレクション。登場するのは、リラクシングでありながら洗練されたアイテムばかりだ。

その日の気分で表情を変えられるリバーシブルジャケット

ジャケット 98,000円+税
ブルゾン 85,000円+税、パンツ 80,000円+税
ジャケット 98,000円+税
ブルゾン 85,000円+税、パンツ 80,000円+税

なかでもピックアップしたいのがリバーシブルジャケット。あらゆる素材で表裏を表現しており、温かみあるブラックのブークレーと光沢感のあるレッドのシャンブレー、ストライプ柄のコットンベース地と起毛加工を施したウールといった、その日気分で表情を変えられるフレキシブルな仕上がりだ。

ジャケット 120,000円+税
ジャケット 120,000円+税

また、芯地を使用していない軽く柔らかな仕立てなので、気軽に羽織れるのも嬉しい。

阪急メンズ大阪では限定シャツが登場

STRIPE WRINKLE SHIRT 38,000円+税
STRIPE WRINKLE SHIRT 38,000円+税

限定ストア内では、新作を豊富に取り揃えるだけでなく、「WRINKLE SHIRT」シリーズの限定シャツも発売。限定シャツは、布を折り畳みプレスすることで現れるストライプ状のテキスタイルを採用した、ブラウンとネイビーの2色で展開する。

from http://www.rxplore.com/wp-admin/post-new.php

モスキーノ×マリオ、任天堂とのコラボレーションコレクションが発売、Tシャツ・セーター・バッグなど

 
左)Tシャツ 35,000円+税 右)セーター 89,000円+税

モスキーノ(MOSCHINO)が任天堂とコラボレーション。「スーパー モスキーノ」コレクションが、2015年12月24日(木)より、モスキーノ ブティック、及び公式サイトにて順次取り扱いが始まる。

誕生から30周年を迎えたスーパーマリオブラザーズ シリーズの“マリオ”がモスキーノのアイテムに登場。マリオだけではなく、ルイージ、ピーチ姫、コイン、スターなど、スーパーマリオの冒険に出てくるお馴染みのキャラクター達が、Tシャツ、セーター、小物、バッグなどのアイテムにデザインされている。

 

左)バックパック 112,000円+税 右)マリオコイン バッグ 130,000円+税

2015-16年秋冬コレクションでは『ルーニー・テューンズ』、2016年春夏コレクションでは『パワーパフガールズ』とコラボレーションしたモスキーノ。毎シーズンユニークなコラボレーションを発表しているだけに、次に登場するキャラクターアイテムも大きな話題を集めそうだ。

from https://www.fashion-press.net/news/20510

サラ・ジェシカ・パーカーがマノロ ブラニクとシューズコレクションでコラボ決定

「セックス・アンド・ザ・シティ」などで知られる女優サラ・ジェシカ・パーカーと、マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)とのコラボレーションが決定。オリジナルのシューズコレクション「SJP」を発表し、2014年度よりアメリカの老舗高級デパート、ノードストロームで発売する予定。

サラが「セックス・アンド・ザ・シティ」で演じた 主人公のキャリー・ブラッドショーもそのマノロ ブラニク好きで有名。マノロ ブラニクでCEO 務めるジョージ・マルクマスととのタッグが実現した。

「SJP」 には、靴だけでなく、ハンドバッグやトレンチコートもラインナップされる予定だ。1970年代や80年代のファッションからインスパイアされたコレクションで、当時の女性達が持ち歩いていた、余計な飾りのないバッグそのものの魅力を追求したという。

サラはヴォーグ誌に「ちょっと短絡的かもしれないけど、大半は私がキャリー・ブラッド ショーを演じたことが原因でみんな予想していたことだと思うの。あの役を演じたおかげでたくさんの靴を履くこともできて、自然と魅力的なセンスをたくさん学ぶことができたの。なのにその経験を無駄にするなんてもったいないじゃない」と話した。

そんなサラは以前にも、小売チェーンのスティーブ&バリーズから自身のクロージング・ライン「ビトゥン」を、また2011年までホルストン(Halston)のクリエイティブ・ディレクターを務めていたほか、定番パフュームの「ラブリー」をはじめとした香水ブランドも展開している。

from https://www.fashion-press.net/news/7017