ゆったりとした!ジョルジオ・アルマーニ偽物ジャケット

 ジョルジオ・アルマーニ偽物ジャケットはとてもシンプルなデザインです。すっきりしたゆとり少な目なシルエットで、ファッショナブルな着こなしを提案。毎日のランニングにも週末のカジュアルコーデにも合わせやすい1着です。素材はループバックスウェット。スーパーコピージョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)の2016年春夏コレクションのテーマは、「男性の魅力」。最新テクノロジーによる“軽い素材”とリラックス感のあるシルエットで、軽やかで男らしい現代的な男性像を描いている。

 前半のキールックは、比翼仕立てのベストの上にカーディガンのようなダブルブレストのニットジャケットをはおり、かなり太めのタックパンツとグルカサンダルを合わせたスタイル。パンツはわたりはもちろん裾幅も太めで、シルエットは80年代のブランドコピー“ザ・アルマーニ”的な雰囲気。歩くたびに高級な素材がのびやかなドレープを描く。といっても、上半身はほどよくタイト&コンパクトだから、古くささとは無縁だ。

 クルーネックニットにスカーフを巻き、シングルベルトの2タックのグルカパンツを合わせたルックもハイライトのひとつ。ニットはカラフルなモチーフが多く、全体的なシルエットは体に沿っているのに首元は大きく開いていて、その空間を埋めるようにスカーフをゆるりと巻いている。

 中盤から後半においては、バイクでの移動を連想させるアイテムが登場。乗車時に裾を巻き込まないようにパンツの裾をゴムでまとめたスタイリングをはじめ、ニッカボッカのようなパンツ、メッセーンジャーバッグのように斜めがけしたレザーバッグ、シームテープをパイピングのように使ったスプリングコートなどが提案された。そして本丸のお出まし。オールネイビーのスポーティな出で立ちとモデルとともにランウェイに現れたのは、都会とは不釣り合いなファットタイヤを履いたマウンテンバイク。今ミラノで一番カッコいいのは、こんな個性のあるバイクなのかもしれない。

 カラーパレットは柔らかい中間色が中心で、様々な色調のヌードカラー、色褪せたブルーやグリーンが印象的。コピーブランド 通販の素材で目を惹くのは、グレンチェック、ガンクラブチェックなどの英国の伝統的なモチーフを柔らかく表現したものや、ウォッシュ加工のシルク。コーティングされたガンクラブチェックは、美しい光沢とドレープ感があり、伝統的なモチーフに新しい魅力を加えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です