オニツカタイガーの新作スニーカー&トラックパンツ、トリコロールカラーのラインデザイン

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)2017年秋冬コレクションが登場。イタリア人デザイナーのアンドレア・ポンピリオが生み出したのは、ブランドらしさを生かしながら“アスレジャーファッション”を取り入れたスニーカー、トラックパンツ、ボーリングバッグなど。

スニーカー「タイガーコルセア」が復刻

「タイガーコルセア」10,000円+税
「タイガーコルセア」10,000円+税

スニーカーは、1975年に発売したトレーニングシューズ「タイガーコルセア(TIGER CORSAIR)」をオリジナルに近いシルエットで復刻。かかと部の靴底を厚くすることでクッション性を高め、履き心地をアップデート。天然皮革のアッパーは、ホワイト・クラシックレッド・インディゴブルーに染められており、そこにトリコロールのラインデザインを取り入れた。

トラックトップ&パンツ

「トラックトップ」 10,000円+税、「トラックパンツ」9,000円+税
「トラックトップ」 10,000円+税、「トラックパンツ」9,000円+税

かつて陸上競技ウェアのブランドとして展開していた「パウ(PAW)」をアップデートした、トラックトップ&パンツも登場。いずれもトリコロールカラーを組み合せたテープ使いをトップの袖、パンツのサイドにほどこしており、スポーティなイメージを残しつつ、どこかモダンに仕上げられている。

ボーリングバッグ

「ボーリングバッグ」12,000円+税
「ボーリングバッグ」12,000円+税

シューズとアパレルに連動したボーリングバッグも揃う。エナメル素材で、ブルー・レッド・ホワイトのカラーリングだ。表面には、オニツカタイガーの3文字を取った「OTG」に2本のラインを描いた。2種類のサイズで展開される。

from https://www.fashion-press.net/news/32915