ヴィンテージ素材とのハーモニー、モンクレール コピーグレッグ・ローレンとコラボ

モンクレール コピーは2017年秋冬コレクションにて、アメリカを拠点に活動するデザイナーでありアーティストのグレッグ・ローレン(Greg Lauren)とのコラボレーション「コライド – グレッグ・ローレン × モンクレール」を発表した。今秋一部の直営店および百貨店、ECサイトで発売予定。

グレッグ・ローレンは、「ポロ(Polo)」創業者のラルフ・ローレン(Ralph Lauren)の甥。名門プリンストンカレッジでアートを学び、後にファッションデザインを専攻。画家であり、同時に彫刻家でもある彼は、自身の芸術活動の中で“ヴィンテージ”という特定のテーマをもとに、ファッションにおける創作活動を行ってきた。

同コレクションで登場するのは、約200ピースのメンズとウィメンズ、そしてユニセックスの限定ウェア。彼が得意とするヴィンテージ素材の再構築を、モンクレール ダウンジャケット コピーと掛け合わせた。ダウンとデニムやミリタリージャケットを縫い合わせたり、古着の断片を縫い付けるなどのアレンジを施し、全てデザインが異なるオリジナルアイテムとなる。クラシックな赤と青のツートーン、ブラック、ミリタリーグリーンの3色のカラーを中心に展開される。

一見全く別の世界観を持つ両ブランドが生み出す、ユニークなハーモニー。いままでにない斬新なモンクレール コピー 通販のアウターが待ち遠しい!

FROM:http://www.afpbb.com/articles/modepress/3120921

2014新作 MONCLER モンクレール 安心の国内配送 ダウンジャケット高評価!

モンクレール コピーによるコラボレーションダウンが登場。ヒビヤ セントラル マーケット グラフペーパーにて2018年10月5日(金)より先行販売され、10月6日(土)より、全国のキャサリン イー ハムネット取扱店にて発売される。

キャサリン イー ハムネットは、2018年秋冬のメンズ&ウィメンズコレクションにて再始動したキャサリン ハムネット(KATHARINE HAMNETT)のライン。ライン名の間に入る“E(イー)”は、Environment(環境)、Ethic(倫理)、創業者キャサリン・ハムネットのミドルネーム「Eleanor(エレナ)」から由来している。

コラボレーションでは、これまでブランドが大切にしてきた環境保全に対する知識を生かし、アウターを得意とするデュベティカと共にダウンジャケットを製作。すべてのアウターは、生地に100%リサイクルポリエステル、中のダウンには、廃棄された羽毛布団を再利用した100%リサイクルグースダウンが採用されている。

「7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ」18秋冬、小さな変化が大きな変革を生む

モンクレール(MONCLER)から、藤原ヒロシがデザインする「7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ(7 Moncler Fragment Hiroshi Fujiwara)」が誕生。1stDrop第2弾が、6月26日(火)にはモンクレールブティックにて先着順で発売する。また、6月20日(水)からは伊勢丹新宿店の限定ストアにて販売される。なお、伊勢丹新宿の限定ショップでは、バックスタイルにロゴを入れたコート「VALLOR」を限定発売する。

モンクレール ジーニアスの一環として始動

モンクレールが錚々たるクリエイターを迎え発表した新プロジェクト「モンクレール ジーニアス」の一環として展開されるこのコレクションは、2セクションに分かれており、6月に第1弾となる1st Dropを、12月に第2弾となる2nd Dropを発売する。

日本で人気の高いモンクレールのダウン。藤原ヒロシはこういった日本の背景も考慮してか、ブランドが本来持っているダウンそのものの形や機能面を尊重しながら、自身の得意とするサブカルチャーの側面を共存させ、ストリートテイストに仕上げたアウター群を完成させた。

第1弾はロングコートやデニムジャケット

コレクションの第1弾として6月に発売されるアイテムは、バックスタイルに”BACKSTAGE”のメッセージを配したロングコートや、取り外し可能な”Moncler Fragment”のロゴワッペンをあしらったジャケットなど。モンクレールを象徴するダウン入りのファブリックをディテールに採用したデニムジャケットも展開する。

第2弾にはロゴ入りダウンなどが豊富に

アウター類の身丈はショートが基本で、フードあり・無しの2バージョンを用意。さらにベストタイプも揃う。ファブリックにはレッドやブルーなど、鮮やかなカラーのテクニカル素材を起用している。

特徴的なのはロゴの使い方だ。前から見ると一般的なダウンも、後ろを振り返ると「TO THE SOUTH、TO THE WEST、TO THE EAST、TO THE NORTH」のビッグロゴがお出迎え。“カルト的なステータス”とブランドが発信するだけありメッセージ性の強いワードが、藤原の証であるフラグメントのマークと共にセットされている。

胸元や腕周りに配されたブランドロゴはベルクロワッペン。付け外しができるようになっているので気分次第で、配置を変えたり外したり…様々な表情を楽しめる。藤原らしいユニークなアイデアだ。

また、キルティングを利用してダウンそのものに柄を配したモデルもある。横縞の縫い目に合わせて生地の色を変えてマルチボーダー模様にしたもの、身頃に格子状のキルティングを配してアーガイル柄にしたものなど、ポップなデザインが揃っている。

ダウンと相性のよいウェアとして、毛足の長いモヘアで仕立てたノルディックセーターや、大きなロゴ入りのチェックシャツなどが登場。足元を彩るマウンテンブーツや、背中を覆うバックパックなど、アウトドアスタイルの小物も注目である。

なお、これらのアイテムはメンズだけでなく、ウィメンズも着用できるデザインとなっている。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/37586

スタイリッシュなデザインモンクレールダウンジャケットレディース偽物

今やダウントいえばコピーブランドモンクレールと言われるほど、ダウンの代名詞ともなっている偽モンクレール。女性にも男性にも大人気です。もちろん前を開けて着てもオッケー。ざっくりニットに細見のパンツ、そしてロングブーツを合わせたスタイルもコピーダウンジャケットと合うコーディネートです。縦長のラインが綺麗。前を開けて着る際は、中に着るものとダウンとの色やコーディネートが合うように気をつけて。

今や冬の防寒対策の定番アイテムとなっているコピーブランド激安ダウンジャケット。シンプルなデザインが多いためコーディネートがしやすいのも非常に大きな特徴とも言えるでしょう。そんなダウンジャケットを、スーツスタイルに合わせてみるのはいかがでしょうか。スーツに似合う、もしくは合わせやすい偽モンクレールダウンジャケットの選び方を間違えなければ、スーツでも快適な冬を過ごせます。

スーツスタイルに合わせるコピーモンクレールダウンジャケットの選び方の基本となるのは、カラーと形と言えるでしょう。カラーに関してはなるべくオーソドックスな色を選ぶ方が無難です。赤やイエローなどのカラーを選んでしまうと、全体のバランスを保つのが難しくなってしまうので難易度が高いと言えます。あくまでもスーツが作る雰囲気を壊さないことが重要となるでしょう。

基本的に偽モンクレールダウンジャケットはどんなアイテムでも合わせやすいと言えます。カットソーやシャツ、パーカーなどを合わせて前をあけるスタイルでも十分に形になるでしょう。ボトムスに関してもジーパン、チノパンなどであれば問題なく合わせることができます。人を選ばずどんな方にも使いやすいのがコピーモンクレールダウンジャケットの大きな特徴ともいえます。

冬人気限定モンクレールダウンジャケット偽物

今やダウントいえばコピーブランドモンクレールと言われるほど、ダウンの代名詞ともなっている偽モンクレール。女性にも男性にも大人気です。もちろん前を開けて着てもオッケー。ざっくりニットに細見のパンツ、そしてロングブーツを合わせたスタイルもコピーダウンジャケットと合うコーディネートです。縦長のラインが綺麗。前を開けて着る際は、中に着るものとダウンとの色やコーディネートが合うように気をつけて。

今や冬の防寒対策の定番アイテムとなっているコピーブランド激安ダウンジャケット。シンプルなデザインが多いためコーディネートがしやすいのも非常に大きな特徴とも言えるでしょう。そんなダウンジャケットを、スーツスタイルに合わせてみるのはいかがでしょうか。スーツに似合う、もしくは合わせやすい偽モンクレールダウンジャケットの選び方を間違えなければ、スーツでも快適な冬を過ごせます。

スーツスタイルに合わせるコピーモンクレールダウンジャケットの選び方の基本となるのは、カラーと形と言えるでしょう。カラーに関してはなるべくオーソドックスな色を選ぶ方が無難です。赤やイエローなどのカラーを選んでしまうと、全体のバランスを保つのが難しくなってしまうので難易度が高いと言えます。あくまでもスーツが作る雰囲気を壊さないことが重要となるでしょう。

基本的に偽モンクレールダウンジャケットはどんなアイテムでも合わせやすいと言えます。カットソーやシャツ、パーカーなどを合わせて前をあけるスタイルでも十分に形になるでしょう。ボトムスに関してもジーパン、チノパンなどであれば問題なく合わせることができます。人を選ばずどんな方にも使いやすいのがコピーモンクレールダウンジャケットの大きな特徴ともいえます。