ユベール・ド・ジバンシィの功績を振り返る

オードリー・ヘップバーンという永遠のアイコンを成立させた偉大なデザイナー、ユベール・ド・ジバンシィ。

 

文:日置千弓

1995年7月、最後のコレクションを発表したユベール・ド・ジバンシィ。写真:ロイター/アフロ

「ジバンシィ」の創始者が3月10日、91歳でこの世を去った。今年の春夏コレクションから同ブランドのアーティスティック・ディレクターを勤める、クレア・ワイト・ケラーは、こんなふうにインスタグラムに投稿している。

「彼は、私が今までに会った中で最も魅力的な男性の一人でした」

すでに1995年のコレクションを最後に引退した彼に、ちゃんと挨拶をしに行ったのだろうか? それとも他の時に出会ったのだろうか? いずれにしても、クレアの作る初ジバンシィのメンズコレクション、すなわち今季の春夏ものは、そういえば、彼、ユベール・ド・ジバンシィの品のあるキャラクターに、どこか似ている。

貴族出身で長身でハンサム、パリのエレガンスと洗練の象徴と評されるデザイナーだった彼は、しかし、イメージよりも実はかなり大胆なデビューをしている。

白づくしの鮮烈デビュー

1951年、24歳で初めて、自らの名を冠したコレクション発表を決意した時、彼はどうにも予算が足りなかった。まず、布地を買う金すらない。

そこで彼は、真っ白のシャツ地と生成り色のスーチング、すなわち型紙がわりに服の見本を作るための生地のみで作品を作った。だから、コレクションの全ては白。しかも、豪華な装飾のドレスが当たり前だった当時発表したのは、袖を膨らませた白いシャツブラウスと、ひざ丈のスカートばかり。

ところが、それがあまりにも新鮮で若々しくてお洒落!と大評判になり、一気にスターダムにのし上がる。今でいえば最先端のカジュアル!だ。ちょうどここ2年、袖をアレンジした白シャツがウィメンズのトレンドだが、それらは「ジバンシィの再来」とでもいいたいようなデザインが多かった。たとえば、あのマルタン・マルジェラは、自分もスタッフも全て白衣で仕事をし、オフィスもショップも真っ白に塗っていたが、まったくタイプの違うジバンシィのことを、少しは意識していたかも、と思う。マルジェラは予算の問題もあって、古着を材料に服を作り始めたのだから。

オードリー・ヘップバーンのドレス

写真:Gamma/アフロ

そして『ティファニーで朝食を』で、あまりにも有名な黒のミニマムドレスも、ジバンシィのデザインだ。オードリー・ヘップバーンの映画衣装の多くは、彼がデザインしていたから、オードリーを永遠のアイコンたらしめたのは、ジバンシィの服、といっても過言ではない。

実は彼は、クリストバル・バレンシアガの熱烈な崇拝者で晩年の恋人でもあった。だから1955年に発表した「革命的なシルエット」のドレスは、バレンシアガの特徴によく似ていた。それは体から離れたオブジェのようなシルエットを描き、世間を驚かせた。

先日デムナ・ヴァザリアによるバレンシアガの2018年秋冬コレクションに登場した、腰が体から離れたラインを描く「3Dスーツ」(GQ記事参照)、その、遠い発展形、といってもいい。

また一人、20世紀の偉大なファッションデザイナーが、星になってしまった。

 

 

転載サイト:https://gqjapan.jp/fashion/news/20180315/hubert-de-givenchy-passed-away

 

 

生まれ変わった新生ジバンシィ──クレア・ワイト・ケラーの手掛ける服には不思議なヌケ感がある

この5年のウィメンズのトレンドの多くは、クレア・ワイト・ケラーの手から生まれた。そんな才女が、ジバンシィのディレクターに就任した。彼女の手掛ける新生ジバンシィの行方は?

Words: Kaijiro Masuda Photo: Daigo Nagao Styling: Akito Kitano

生まれ変わったジバンシィ──クレアの手掛ける新生ジバンシィは不思議なヌケ感があるスウィングトップもエレガント!!──思わずステップを踏みたくなるような真っ赤な50’s風のブルゾンは、新生ジバンシィを象徴する逸品。ステッチで表現した胸元のウエスタンヨーク、スポーティなボーダーのリブなど、細部にまでに神経の行き届いたクリエーションが光る。

ジバンシィの根底にはエレガンスがある

ユベール・ド・ジバンシィは、2月に91歳の誕生日を迎える。1927年にフランス北部の小さな街、ボーヴェで生を享けたユベールは、パリ万博の衣装に魅了されたのをきっかけに、ファッションデザイナーを志す。いくつかのメゾンで経験を積んだ後、1952年にジバンシィを設立。ファーストコレクションで、ブラウスとスカートからなる”セパレーツ”を発表し、モード界にセンセーションを巻き起こす。以来、1995年に引退するまで、ミューズ的存在だった女優のオードリー・ヘップバーンをはじめ、世界中の女性を魅了する服を作り続けてきた。

その一方で、ユベールはメンズファッションの世界にもいち早く進出している。1959年に2つのメンズフレグランスを作ったのを皮切りに、1969年にメンズのプレタポルテのブランド、Givenchy Gentleman(ジバンシィ ジェントルマン)を発表。こんにちに連なるジバンシィのメンズの歴史は、ここから始まったのだ。

1982年のフランスの日刊紙『L’Orient Le Jour』で、ユベールはメンズのクリエーションについて、このように発言している。「私はクラシックを重視し、個人的には構造的な装いを好みます。厳格なスタイルが好きなのでしょう。しかし、時に構造的なスタイルは定型化されてしまうことがあります。だからこそ、適度なカジュアル感を加えることで型にはまることを避けるのですが、これもまたやりすぎれば蛇足になります。つまり、双方の良いところだけを抽出して、組み合わせることが重要です」

この発言から分かるように、ユベールが手掛けていたジバンシィ ジェントルマンは、クラシックとカジュアルのバランスに長けた優雅なブランドだった。長身でハンサムでエレガントなユベール本人を体現するようなブランドだったのだ。

エレガントでロックなクレアのジバンシィ

ウィメンズのトレンドを牽引してきたクレア・ワイト・ケラーは、2017年にジバンシィのアーティスティック・ディレクターに就任した。彼女に与えられた任務は、オートクチュールおよび、ウィメンズとメンズのプレタポルテ、アクセサリーのデザイン。クレアはどのように新生ジバンシィを調理したのだろうか?

クレアの初陣となる2018年春夏コレクションは、男女の合同ショー形式で発表された。68体のうちメンズは27体。ユベールへのオマージュをちりばめつつも、トラッドとロックとウエスタンをバランス良くミックスさせた、クレアらしいコレクションだった。

ジャケットは着丈が長めのシングルで、ウエスタンヨーク以外の装飾を廃したミニマルなデザインが特徴。合わせるパンツは細身のスキニーが中心で、靴はウエスタン調のブーツだ。片袖がレッドになったライダースコート、表革とスウェードを胸元で切り替えたブルゾンなど、レザーが充実しているのもトピックのひとつ。後半のスーツのルックは、ギラギラしすぎていない風格のあるロックスターを連想させる。シルエットは全体的に細身で、いち早くオーバーサイズからタイトへの回帰を提案しているのも流石だ。

もっともクレアらしいと思ったのが、金ボタンのネイビーブレザーとトレンチコート。ネイビーブレザーの肩のラインは、行き過ぎない絶妙のバランスのスクエアショルダーで、4つのボタンや袖丈のバランスは、堅苦しくなくリラックスした雰囲気。モードでもトラッドでもない独特の雰囲気が目新しく映る。ブラックウォッチの色調のトレンチコートも、トラッド過ぎないヌケ感がある。

この説明しがたい”不思議なヌケ感”がクレアの持ち味なのだと思う。表面的にはロックなルックでも、どこか品の良さが見え隠れするのは、クレアがジバンシィの本質を深く理解している証拠でもある。ユベールのジバンシィ ジェントルマンの品格を受け継ぐ。

転載サイト:https://gqjapan.jp/fashion/wardrobe/20180130/new-givenchy/page/2

生まれ変わった新生ジバンシィ──クレア・ワイト・ケラーの手掛ける服には不思議なヌケ感がある

この5年のウィメンズのトレンドの多くは、クレア・ワイト・ケラーの手から生まれた。そんな才女が、ジバンシィのディレクターに就任した。彼女の手掛ける新生ジバンシィの行方は?

Words: Kaijiro Masuda Photo: Daigo Nagao Styling: Akito Kitano
生まれ変わったジバンシィ──クレアの手掛ける新生ジバンシィは不思議なヌケ感があるスウィングトップもエレガント!!──思わずステップを踏みたくなるような真っ赤な50’s風のブルゾンは、新生ジバンシィを象徴する逸品。ステッチで表現した胸元のウエスタンヨーク、スポーティなボーダーのリブなど、細部にまでに神経の行き届いたクリエーションが光る。ジャケット ¥189,000、シャツ ¥109,000〈ともにGIVENCHY/GIVENCHY表参道店 ☎03-3404-0360〉

ジバンシィの根底にはエレガンスがある

ユベール・ド・ジバンシィは、2月に91歳の誕生日を迎える。1927年にフランス北部の小さな街、ボーヴェで生を享けたユベールは、パリ万博の衣装に魅了されたのをきっかけに、ファッションデザイナーを志す。いくつかのメゾンで経験を積んだ後、1952年にジバンシィを設立。ファーストコレクションで、ブラウスとスカートからなる”セパレーツ”を発表し、モード界にセンセーションを巻き起こす。以来、1995年に引退するまで、ミューズ的存在だった女優のオードリー・ヘップバーンをはじめ、世界中の女性を魅了する服を作り続けてきた。

その一方で、ユベールはメンズファッションの世界にもいち早く進出している。1959年に2つのメンズフレグランスを作ったのを皮切りに、1969年にメンズのプレタポルテのブランド、Givenchy Gentleman(ジバンシィ ジェントルマン)を発表。こんにちに連なるジバンシィのメンズの歴史は、ここから始まったのだ。

1982年のフランスの日刊紙『L’Orient Le Jour』で、ユベールはメンズのクリエーションについて、このように発言している。「私はクラシックを重視し、個人的には構造的な装いを好みます。厳格なスタイルが好きなのでしょう。しかし、時に構造的なスタイルは定型化されてしまうことがあります。だからこそ、適度なカジュアル感を加えることで型にはまることを避けるのですが、これもまたやりすぎれば蛇足になります。つまり、双方の良いところだけを抽出して、組み合わせることが重要です」

この発言から分かるように、ユベールが手掛けていたジバンシィ ジェントルマンは、クラシックとカジュアルのバランスに長けた優雅なブランドだった。長身でハンサムでエレガントなユベール本人を体現するようなブランドだったのだ。

エレガントでロックなクレアのジバンシィ

ウィメンズのトレンドを牽引してきたクレア・ワイト・ケラーは、2017年にジバンシィのアーティスティック・ディレクターに就任した。彼女に与えられた任務は、オートクチュールおよび、ウィメンズとメンズのプレタポルテ、アクセサリーのデザイン。クレアはどのように新生ジバンシィを調理したのだろうか?

クレアの初陣となる2018年春夏コレクションは、男女の合同ショー形式で発表された。68体のうちメンズは27体。ユベールへのオマージュをちりばめつつも、トラッドとロックとウエスタンをバランス良くミックスさせた、クレアらしいコレクションだった。

ジャケットは着丈が長めのシングルで、ウエスタンヨーク以外の装飾を廃したミニマルなデザインが特徴。合わせるパンツは細身のスキニーが中心で、靴はウエスタン調のブーツだ。片袖がレッドになったライダースコート、表革とスウェードを胸元で切り替えたブルゾンなど、レザーが充実しているのもトピックのひとつ。後半のスーツのルックは、ギラギラしすぎていない風格のあるロックスターを連想させる。シルエットは全体的に細身で、いち早くオーバーサイズからタイトへの回帰を提案しているのも流石だ。

もっともクレアらしいと思ったのが、金ボタンのネイビーブレザーとトレンチコート。ネイビーブレザーの肩のラインは、行き過ぎない絶妙のバランスのスクエアショルダーで、4つのボタンや袖丈のバランスは、堅苦しくなくリラックスした雰囲気。モードでもトラッドでもない独特の雰囲気が目新しく映る。ブラックウォッチの色調のトレンチコートも、トラッド過ぎないヌケ感がある。

この説明しがたい”不思議なヌケ感”がクレアの持ち味なのだと思う。表面的にはロックなルックでも、どこか品の良さが見え隠れするのは、クレアがジバンシィの本質を深く理解している証拠でもある。ユベールのジバンシィ ジェントルマンの品格を受け継ぐ。

転載サイト:https://gqjapan.jp/fashion/wardrobe/20180130/new-givenchy/page/2