白Tシャツの着こなし術、おすすめコーディネートを人気ブランド18年春夏から厳選

白Tシャツをおしゃれに着こなすには?

白Tシャツといえば春夏の定番アイテム。中でもシンプルな無地の白Tシャツは誰もが持っているからこそ、おしゃれな着こなしで周囲と差をつけたいもの。パリコレ人気ブランドの18年春夏コレクションから、レディース白Tシャツのおすすめ着こなし術を紹介する。

コーディネートのポイントは小物選び

シンプルなコーディネートになりがちな白Tシャツ。そんな時には有名ファッションブランドの小物を選びを参考にして。

ロエベ 2018年春夏コレクションより
ロエベ 2018年春夏コレクションより

ロエベ(LOEWE)の2018年春夏コレクションでは、白Tシャツとのコントラストが美しいブラックのパンツを合わせたミニマルスタイルを提案。幾何学模様が描かれたビッグバッグや、ユニークなフォルムのスニーカーなど、インパクトのあるデザインの小物を取り入れることで、オリジナリティ溢れるコーディネートへと昇華している。

ディオール 2018年春夏コレクションより
ディオール 2018年春夏コレクションより

ディオール(Dior)は今季、ニキ・ド・サンファルにインスピレーションを得た上品なフレンチルックを展開。ブラックのベレー帽とレザーのショートパンツを合わせることで、ラフな白Tシャツもシックに着こなしている。バッグはとびきりポップでカラフルなものを、足元はレースアップのロングブーツを選んで、遊び心も忘れずに。

個性的なアイテムに白Tを合わせて

主張の強いアイテムも、白Tシャツと合わせればシティユースにぴったりの着こなしが完成。

グッチ 2018年春夏コレクションより
グッチ 2018年春夏コレクションより

グッチ(GUCCI)の2018年春夏コレクションでは、ゴージャスなスパンコールのカラーブロックドレスに白Tシャツを差し込みカジュアルダウン。センシュアルなキャミソールドレス、ポップなサングラス、クラシカルなショルダーバッグといったテイストの異なるアイテムたちを、シンプルな白Tシャツがバランス良く纏め上げてくれている。

バーバリー2017 セプテンバーコレクションより
バーバリー2017 セプテンバーコレクションより

今季のバーバリー(BURBERRY)は、透け感のあるレースのワンピースにロング丈の白Tシャツを重ねるコーディネートテクニックを披露。セクシーなアイテムも真っ白なTシャツを差し込むことでヘルシーでクリーンな印象に仕上げている。

おしゃれ上級者はシルエットで遊ぶ

周囲と差をつけたい人は白Tのシルエットにこだわって、幅広い着こなしを楽しんで。

ステラ マッカートニー2018年夏コレクションより
ステラ マッカートニー2018年夏コレクションより

ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)の2018年夏コレクションでは、ゆったりとしたシルエットのTシャツとリラクシングなロングスカートをオールホワイトでまとめたルックが登場。クラッチバッグやパンプスなどの小物類も白1色で統一し、本来ならばカジュアルな印象のTシャツをエレガントなムードへとシフトチェンジしている。

オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー 2018年春夏コレクションより
オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー 2018年春夏コレクションより

オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)は2018年春夏コレクションで、大胆にカットしたショート丈のTシャツと、ボリューミーなワンピースを組み合わせた。カジュアルなTシャツとランジェリーを彷彿とさせるセクシーなフォルムのドレスを合わせることで、ラグジュアリーなストリートスタイルに仕上げている。

from https://www.fashion-press.net/news/39071

バーバリー×ゴーシャ ラブチンスキー18年秋冬、トレンチコートやウールシャツ、ローファーなど

バーバリー(BURBERRY)とゴーシャ ラブチンスキー(Gosha Rubchinskiy)のコラボレーション第2弾となるカプセルコレクションが、2018年7月7日(土)よりバーバリー新宿、バーバリー⼼斎橋、⼤阪阪急 バーバリー メンズ、および公式サイトにて発売される。

 
ゴーシャ ラブチンスキー 2018-19年秋冬コレクションより

2018年春夏コレクションにてスタートした異色のコラボレーションが、2018-19年秋冬コレクションでも継続。今回も、バーバリーを象徴するアイテムを、ゴーシャ ラブチンスキーが得意とするストリートウェアの視点から再解釈した。


トレンチコート 260,000円+税

バーバリーの代名詞ともいえるトレンチコートをはじめ、オーバーサイズのダッフルコート、シャツ、ストール、バケットハットなど計13点のアイテムがラインナップ。また、チェック柄のローファーも登場する。


ダッフルコート 185,000円+税

トレンチコートは、一見スタンダードなフォルムだが、襟元がレイヤードされた捻りの効いたデザイン。程よいハリ感のある素材はブリティッシュな気品をそのままに受け継いでいる。また、ダッブルコートはオーバーサイズのシルエットで、チェック柄、ダークグリーン、クラレットの3色で展開する。


フランネルシャツ 72,000円+税

フランネルシャツも、バーバリーらしいトラッドかつ気品あふれる印象は崩れていない。そこに、左右で異なるピッチのチェック柄を用いることでゴーシャ ラブチンスキーらしい遊び心をプラスした。

from https://www.fashion-press.net/news/37288

グラフペーパーからトーマス・メイソン生地の新作オーバーサイズシャツ、青山レショップとコラボ

グラフペーパー(Graphpaper)と青山のセレクトショップ「レショップ(L’ÉCHOPPE)」によるコラボレーションシャツが登場。2018年11月17日(土)より、グラフペーパーなどで発売される。 

コラボレーションシャツは、1796年にイギリスで創業したシャツ生地メーカー「トーマス・メイソン(Thomas Mason)」のシャツをベースに使用。フラシ芯の入った柔らかなカフや、シンプルで美しいレギュラーカラー、スクエアカットの裾など、クラシックなドレスシャツの要素を取り入れている。また、シルエットは、抜け感のあるオーバーサイズに仕上げた。

カラーは、Bordeaux PinstripeやBlueなど、全5色展開。なお、Blue Irregular Stripeはレショップ限定での発売となるので、気になる方は早めにチェックしてみてほしい。

fromhttps://www.fashion-press.net/news/44448

マウジー×プレイボーイ、50~60年代発行のマガジンカバーをモチーフにしたTシャツなど

マウジー(MOUSSY)が、ライフスタイルマガジン「プレイボーイ(PLAYBOY)」とコラボレーションしたアイテムを、2018年12月7日(金)に、マウジー国内全店舗、シェルター国内全店舗、シェルター ウェブストアにて発売する。

 
PLAYBOY COVERS LONG SLEEVE T-SHIRTS 5,980円+税

トップスには、全2種類を用意。1つ目は、50年代後半から60年代前半にかけてリリースされたマガジンのカバーデザインを落とし込んだロングTシャツ。プレイボーイの象徴である“バニー”のパペットや、ドレスアップした女性たちをモチーフにしたグラフィックは、どこかノスタルジックなホワイトやレッドといった色合いと組み合わせた。シンプルなスタイリングのアクセントとして取り入れたい一着だ。

 
PLAYBOY PULLOVER 7,980円+税

もう一方は、フロント、バック、サイドなどにプレイボーイのロゴとアイコンマークをあしらったスウェット。背中には、アップリケで出来たビッグサイズのバニーをあしらい、立体感をプラスした。どの角度から見てもアイキャッチなデザイン、そしてオーバーシルエットのサイズ感は、こなれた雰囲気を演出してくれる。

 
LOGO PHONE CASE 3,980円+税

他にも、プレイボーイのロゴを連ねたレトロなムードのモバイルケースが登場。カラーパレットには、ブルーとレッドを用意する。

from https://www.fashion-press.net/news/45186

ア ベイシング エイプ×ディズニー映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』カモ柄フーディ&Tシャツ

ア ベイシング エイプ(A BATHING APE)とディズニーの新作映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』がコラボレーション。メンズ・レディース・キッズのフーディなどが、2018年12月15日(土)より、ア ベイシング エイプ正規取扱い店舗にて販売される。


カモ シャーク ジップ フーディー メンズ・ウィメンズ 32,800円+税、キッズ 18,800円+税

『シュガー・ラッシュ:オンライン』は、ヒーローになれない悪役ラルフと、レーサーになれない1人ぼっちの少女ヴァネロペの冒険と友情を描いたヒット作『シュガー・ラッシュ』の続編。インターネットを舞台に、バーチャル世界で2人の冒険が繰り広げられることになる。

今回のコラボレーションアイテムには、ラルフとヴァネロペの2人をデザインしたジップフーディ、プルオーバーフーディ、Tシャツ、トートバッグ、クッションなどがラインナップ。


プルオーバー フーディ メンズ・ウィメンズ 21,000円+税、キッズ 12,800円+税

フードにシャークデザインをあしらったアイコニックなジップフーディには、カモフラージュ柄にベイビー マイロ(BABY MILO)の世界観で表現したラルフとヴァネロペを散りばめている。プルオーバーフーディには、劇中で「ネットなんて壊してやる!」とヤケになるラルフを示唆しているかのような”RALPH BREAKS THE INTERNET”のサークルロゴを配した。

from https://www.fashion-press.net/news/45197

ソ―イ×とんだ林蘭、“フットボール”がテーマのグラフィック入りトレンチコート&シャツなど

ソーイ(soe)が、アーティスト・とんだ林蘭とコラボレーションしたユニセックス向けのカプセルコレクションを展開。東京・目黒のエム アイ ユー及び全国のソ―イ取扱店舗にて販売される。

 
トレンチコート 各89,000円

とんだ林蘭は、コラージュ、イラスト、ぺインティング、立体、映像など、幅広い手法で作品を手掛ける人気アーティスト。キャンディストリッパーやコンバース(CONVERSE)のシューズ直営店「ホワイトアトリエ バイ コンバース」などともタッグを組むなど、近年のファッションシーンにおいても注目を集める人物だ。

 
ジャケット 各56,000円

そんなとんだ林蘭とコラボレートしたカプセルコレクションの主役となるのは、フットボールをテーマに制作されたグラフィック。“ドル札”とプレイヤーを組み合わせたユニークな絵柄やロゴは、彼女らしい独創的な雰囲気を帯びている。

 
左から)マフラー、バッグ 各21,000円

展開されるのは、トレンチコートやジャケットといったアウターや、スウェットやシャツなどのトップス、リバーシブルのマフラーやバッグといった小物類など。日頃からとんだ林蘭が愛用しているアイテムをセレクトした、パーソナルなラインナップとなっている。

from https://www.fashion-press.net/news/45400

ユニクロ ユー 2019年春夏メンズのおすすめ、軽やかブロックテックコートからアメカジ風シャツまで

ユニクロ(UNIQLO)は、クリストフ・ルメール率いるパリR&Dセンターから展開する「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」の2019年春夏コレクションを2018年2月1日(金)より発売する。

カラーパレットがより多彩に!深みのあるアースカラーを展開

今季は、遊び心溢れる鮮やかな色彩から着想を得て、たっぷりと深みのあるアースカラーや濃淡豊かな色合い、大胆な柄にトライ。ユニクロ ユーがこれまで築いてきた、実用性と着心地の良さを兼ね備える洗練されたスタイルはそのままに、より多彩な表情で展開していく。

ユニクロでアウターを買うならコレ、人気のブロックテックコート

撥水、防水、防風、透湿機能を搭載し、全天候に対応できるブロックテック(BLOCKTECH)コートは、ユニクロでも人気アイテムのひとつ。快適に過ごせる実用性はそのまま、ユニクロ ユーのフィルターを通すことでよりタウンユースな1着となっている。

着こなしの幅が広がるアメカジ風メンズシャツ

今季の鮮やかなカラーパレットのなかでも、メンズアイテムの中でひと際目を惹くチェック柄。それを緩いシルエットのメンズシャツに落とし込んだ。1枚でのスタイリングはもちろん、羽織としても使えるシャツは、今季大活躍の予感。

オーバーサイズのポロシャツ&Tシャツは色違いでも楽しめる

オーバーサイズのポロシャツとTシャツは、お値段もお手頃なので、色違いでも楽しみたい。ほどよく肉厚で、絶妙なハリ感があり、1枚さらりと着るだけでもOK。ボトムスも選ばないオールマイティーなアイテムだ。

ユニセックスで楽しむ小物類

人気のフットウェアにも注目

足元を彩るラインナップには、スニーカーとスポーツサンダルを用意。スニーカーは前シーズンから人気のミドルカットのシルエットで、ブラックとホワイトの2色で展開。一方、スポーツサンダルは、グレー、ブラック、そしてほんのりくすんだピンク系カラーの3色をそろえる。

バッグはスポーティテイストで提案

全6色展開
全6色展開

バックは、薄手で軽やかなハイテク素材のサコッシュとボストンバッグで提案。いずれにも、今季らしい鮮やかなカラーを採用している。

from https://www.fashion-press.net/news/45095

ツモリチサトの前身「I.S.」ラフォーレ原宿の限定ショップで復活、80年代風のTシャツやブルゾンなど

津森千里がツモリチサト(TSUMORI CHISATO)を立ち上げる前に手掛けたブランド「I.S. chisato tsumori design」の期間限定ショップが、ラフォーレ原宿に登場。期間は2019年1月30日(水)~2月7日(木)まで。

80年代に一大ブームを巻き起こしたブランド「I.S. chisato tsumori design」。2018年秋に開催されたツモリチサト初の展覧会「WAKU WORK―津森千里の仕事展―」にて、「I.S. chisato tsumori design」を現代にアップデートしたそのアイテムが期間限定発売されると、往年のファンから20代の若者にまで広く評判に。その評判を受けて、限定ショップをオープンすることとなった。

Tシャツやブルゾンなどのアイテムは、ロゴが大きくプリントされたシンプルなデザインが特徴的。どのアイテムもオーバーサイズに作られており、男女問わず着用可能だ。

限定ショップでは、展覧会には無かったニューカラーのTシャツ、ニューアイテムのスウェットドレスも用意している。Tシャツのカラーはオレンジとピンクがラインナップしており、他のモノクロアイテムと合わせれば、華やかさをコーディネートにプラスできる。

from https://www.fashion-press.net/news/45859

モスキーノ『ルーニー・テューンズ』ポーキー&ペチュニア・ピッグと限定コラボ、大胆刺繍Tシャツやバッグ

モスキーノ(MOSCHINO)から、ワーナー ブラザーズの『ルーニー・テューンズ』のキャラクターであるポーキー・ピッグとペチュニア・ピッグとのコラボレーションコレクションが登場。

 
Tシャツ 68,040円

『ルーニー・テューンズ』のポーキー・ピッグとペチュニア・ピッグとコラボレーションは、中国の春節を祝う限定コレクション。2019年は亥年、中国の十二支のモチーフでは”豚”であることから抜擢された。アイテムは、Tシャツやデニムジャケット、パーカーなどの多様なアイテムに加えて、多機能バッグやiPhoneケースも展開される。

 
クラッチバックパック 145,800円

ブラックをベースにしたオーバーサイズのTシャツには、干支の主役らしく華やかに赤い衣装に身を包んだポーキー・ピッグが、大きく前面に刺繍されている。存在感のあるポーキー・ピッグとモスキーノのロゴは、コーディネートの主役になること間違いなし。

また、ポーキー・ピッグ、ペチュニア・ピッグのパッチワークが前面に貼られたバックパックは、ロゴや細かい部分にあしらわれたゴールドが全体に華やかさを添える。レザーハンドルとレザーショルダーストラップを取り外せば、クラッチバッグとしても使用可能だ。

from

https://www.fashion-press.net/news/46193

イクミ初の路面店が原宿にオープン、歌川国芳「骸骨」刺繡のTシャツ&スカジャン発売

イクミ(IKUMI)ブランド初の路面店が、2019年2月24日(日)東京・原宿にオープン。

モデルのイクミが手掛ける「イクミ(IKUMI)」ブランド初の路面店は、隠れ家をイメージ。路地裏のひっそりとした隠れ家のようなスペースで、土日祝日のみ限定で営業する。

オープン記念して、東京都美術館の展覧会「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」 とのコラボレーションアイテムを発売。歌川国芳の≪相馬の古内裏≫から骸骨をピックアップし、刺繍で表現。ブランドのアイコンカラー、ブラック&ホワイトのTシャツやスカジャンを販売する。また、オープン記念の限定パーカも登場予定だ。

さらに、10,000円(税込)以上購入すると、先着でマルチストラップをプレゼントする企画も行われる。

from

https://www.fashion-press.net/news/46947